補正モード

プリントの仕上げについてご説明しようかと思います。

現在は、いわゆる「デジタル機」というプリンターがメインになってもう10年余り、ドンドン性能が上がり、迅速な処理ができるようになりました。
最近では、高性能になるデジタルカメラのプリントに対応できるようにレーザー自体の高性能化も一般的になってきました。
マッキナfotoのプリンターもデジタル機であり。
ネガはもちろん、ポジスライドや黒白ネガ、APSやブローニーフィルムも6X45〜6X9までハーフ・110・フルパノラマまでプリントできます!!

なので♪トイカメラやプロ用中判カメラまでなんでもOKです!

今回は特に需要が高い「カラーネガ」からの仕上げについてご説明したいと思います。

まずは・・・

カラーネガって何?



これ。写真をつくるまあ版ですな。
このネガフィルムっていうのにも良し悪しありまして。
ちと見にくいかもしれませんが。「適正」「オーバー」「アンダー」とフィルムの「濃さ」が確認できると思います。
その「濃さ」濃度がプリントをキレイに作る重要な要素となるわけなんです。

で、このフィルムからできたプリントはどないなっとるねん。
というわけで・・・順番に。
まず「適正」から




はい!キレイですね。スッキリしてて良い感じではないでしょうか?
これが適正な露出の適正なプリント。

で、逆に適正じゃなかったらどうなるのか???
まずは露光が足りなかった「アンダー」なフィルムから。



抜けが悪くってなんだかぼんやり暗いですね。せっかくの青い空なのに。
これがフィルムに光が足りなかった場合。上のフィルムの薄い状態ですね。
もっとシャッタースピードを落とすか絞りを開くか。もしくはフィルムの感度を上げる
かの方法で解決できます。AUTOでこういった状況になる場合は露出補正ダイヤル
が狂っているか調整不足も考えられます。

次は逆に光を当て過ぎの「オーバー」



もしかすると適正の写真と同じくらいかな?とも思いますが。
これで約3段のオーバーネガです。
よーく見るとビルのコントラスト(メリハリ)が弱くなっているのがおわかりになりますか?シャープさも悪くなりますね。
これがもう1段オーバーになると色味まで崩れてきます。
で、ここでお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが。
アンダーよりもオーバーのほうが助かります。覚えてたほうが良いですよん
あ!デジタルは逆だからねどっちかってーとアンダー気味のほうが助かる。(脱線)

で、こういったネガができあがるとしましょう。
できるだけ適正に近づけたね♪
気持ちの良いネガをさ。
あとはもうどんな風にもできますのよ。
よく言われる「無補正」だろーが「VIVID」でしょうが
「ハイキー」なんてお手のもの♪シブーくローキーであげても最高よあーた。

そんな見本は店頭にありますからゆっくり見てくださいね♪
郵送で送っていただく皆様はできるだけイメージをわかりやすく書いてもらって
仕上がりを作っていきましょう!!!

参考
適正ネガからの「ハイキー」



あ〜さわやか〜

一転「ローキー」



良いじゃん渋いじゃん♪

てなわけで同じフィルムから、たった3カットだけでもこれほど違うのよ♪

これで色味にも手を加え始めちゃったらもう大変。
楽しくて泥沼だね♪

と、いう感じのプリントがマッキナフォトにはございます。
ほかにも実はいろいろテイストはございます。
青っぽくとかピンクっぽくとかレトロっぽくとかなんでもできます。
でも書くと色々大変なので、そこは店でてんちょ橋口までお問い合わせくださいませ♪
色々ご相談にのりますさかい!!

んで最後に・・・

写真を思い通りに仕上げるには、同時プリント一回だけでは正直難しいと思います。
そこはやはり、受付時の私とお客様のコミニュケーションが大切です
自分の撮った写真にある程度のこだわりや要望があれば、なんでもお伝えください
簡単な表現でも良いです!例えば、やわらかーくホワホワに・・・とか
青みや黄色をキレイに!とか・・・その時ネガの仕上がりを確認して、できるモノは
近づけてプリントします。でもお客様のイメージと撮影内容が違うときもあります
その時は、その撮影した仕上がりの最適な条件でプリントいたします。
そして、なぜそういった仕上がりになったかをご説明をしてあげます
してあげます!っていうと偉そうですが、きちんと納得してプリントを受け取って
いただきたいので、そうさせていただいています!^^
そして、次回はもっと自分のイメージに近づけて撮影し、プリントにご満足して
もらえるようにマッキナフォトグラフィカは写真生活を提案し応援していきます!
焼き増し時に次は違うテイストで!!ってのも全然アリです!
写真の好みは色だったり、被写体だったり奥が深いですが
まずは写真そのものを楽しむ事!
そこが大切なんじゃないかなあ〜って思ってます♪

ちょいこ難しいこと書いちゃいましたが、
写真屋さんって、なんだか難しいこといわれそーで・・・
って思っている人!!
是非うちに来てください!!
笑顔で難しいことお教えしますので♪^^
まずは「習うより慣れろ!!」
「好きこそモノの上手なれ」 ってやつですよ!!!

あ〜体育会系なんだな・・・俺・・・・

Copyright © Garage Macchina Fotografica Entusiasta all rights reserved.